敬老の日の特徴について

敬老の日とは高齢者を敬い、感謝の気持ちを伝えるための特別な日です。
しかし、その詳しい由来については意外と知らないということもあるでしょう。
そのルーツは戦後すぐの1947年と言われています。
兵庫県にある村の村長が敬老会を催したのが始まりであり、その時はとしよりの日という名前でした。
としよりの日はやがて全国に広まって老人の日という名前に変わり、1965年には国民の祝日である敬老の日として制定されました。

敬老の日に対する期待が寄せられています。

現在では敬老の日は国民の祝日に関する法律により、9月の第3月曜日となっています。

しかし、もともとそのように決まっていたわけではありません。


かつては曜日に関係なく、毎年9月15日が敬老の日だったということです。



由来にはいくつかの説がありますが、かつて聖徳太子が身寄りのない老人のための施設を設立した日が9月15日だったという説が有力です。


敬老の日は多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝うための日となっています。
しかし、特に対象年齢などが決まっているわけではありませんし、何歳から祝うのかは個人の判断によります。

一応法令では65歳以上を高齢者としているため、一つの目安と考えておきましょう。

65歳以上といっても最近では若い人が多いですし、高齢者扱いされるのは嫌だという人もいるかもしれません。

ですが、孫から祖父母を祝う場合はあまり気にしなくても良いでしょう。


両親をお祝いしたい場合、孫の名前でギフトを贈ってあげるのがおすすめです。