敬老の日にギフトを贈る時のマナー

高齢者に感謝の気持ちを伝える日であり、一年に一度の特別な日でもあるのが敬老の日です。


直接手渡しすることでより気持ちが伝わりやすく喜んでもらえるので、祖父母の家に足を運ぶ人が大半ではないでしょうか。

敬老の日に関する疑問を解消してください。

しかし高齢者ということもあり、病院に入院していたり高齢者施設に入居しているケースもあります。
その場合には病院や介護施設にギフトを持っていくか、郵送することになるのではないでしょうか。



その際にはギフト選びはより慎重に行う必要があるということは、頭においておくようにしましょう。

持ち込んだり受け取り可能となっているアイテムは、各施設や病院により様々でありルールが決まっているので、事前に確認しておくことが大切になってきます。

施設や病院のルールだけではなく、高齢者の体調によって受け付けてもらえないものもあるので、その点も併せて確かめておくべきです。飲食物や高額なものはトラブルの原因になりやすいことから、持ち込んだり受け取りはできないとなっているケースが多いです。



その他にも敬老の日の定番でもある花は世話が大変だったり、匂いや花粉の問題から受け取ってもらえないこともあるので気を付けましょう。

近年では面会が難しいところも多くなっていて、その場合には郵送で敬老の日のギフトを送ろうと考える人が多いですが、郵送の場合には敬老の日は荷物の数も多くなるので紛失してしまったり、受け取りが難しくなることもあるので聞いておくべきです。